AWSマネージドサービス
AWSマネージドサービスとはAWSの導入・設計から既存システムの運用監視まで行う。
Amazon Web Services(AWS)は Global で数百万以上、日本でも 10 万を超えるお客様にご利用いただいています。 お客様がなぜ AWS を選択されているのかをご紹介します。
  AWS の クラウドが選ばれる 10 の理由
    •オペレーティングシステム
    1. 初期費用ゼロ/低価格
    2. 継続的な値下げ
    3. サイジングからの解放
    4. ビジネス機会を逃さない俊敏性
    5. 最先端技術をいつでも利用可能
    6. いつでも即時にグローバル展開
    7. 開発速度の向上と属人性の排除
    8. 運用負荷軽減と生産性の向上
    9. 高いセキュリティを確保


Dr.Computer(ドクコン)は顧客情報システム資産をAWSクラウドへの移行をお手伝いします。以下の内容をベースとして顧客ニーズに合わせて最適化の提案を行います。

  ・AWSクラウド内の仮想サーバー
    クラウド内の安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能。前払いの義務なしで必要なときにアプリケーションを起動する。以下の

    Amazon Linux
    Red Hat
    SUSE Linux
    Ubuntu Server
    Microsoft Windows Server
    Deep Learning AMI

  ・AWSクラウド内のストレージ
    どこからでもお好みの量のデータの保存と取得が簡単に行えるオブジェクトストレージ。
    10GB - 10TB


  ・AWSクラウド内のデータベース(RDS)
    クラウド上のリレーショナルデータベースのセットアップ、オペレーション。
    Oracle     SQL Server     MySql     PostgerSQL
  ・インスタンスの構築


  ・VPCに関するコンテナ運用

    Amazon Virtual Private Cloud は、Amazon Web Services クラウドの論理的に分離されたセクションをプロビジョニングすることで、ユーザーに仮想プライベートクラウドを提供する商用クラウドコンピューティングサービスである。


  ・Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) セキュリティグループの設定

    セキュリティグループは、インスタンスの仮想ファイアウォールとして機能し、インバウンドトラフィックとアウトバウンドトラフィックをコントロールします。VPC 内でインスタンスを起動した場合、そのインスタンスには最大 5 つのセキュリティグループを割り当てることができます。セキュリティグループは、サブネットレベルでなくインスタンスレベルで動作します。このため、VPC 内のサブネット内のインスタンスごとに異なるセキュリティグループのセットに割り当てることができます。


  ・Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon ECS)の運用

    Amazon Elastic Compute Cloud は、アマゾンが提供する計算資源を用いてアプリケーションを実行する、Amazon Web Services の商用ウェブサービスである。


AWSクラウド代行維持保守